【京都×福祉】精神障がい者の為のイベントを開催したい!

All or Nothing

京都

精神障がい者、健常者、企業、学生など、みんなが気軽に関われる機会を作ります!

【京都×福祉】精神障がい者の為のイベントを開催したい!

 
達成率 達成金額 残り
108% 108,100円 ×日
現在の達成金額 108,100円
目標金額 100,000円
支援募集終了まで ×日
支援した人数 22人
108%
募集終了

このプロジェクトは 2018年7月15日 の募集期間が終了した時点で、100,000円以上集める事が出来た為、 プロジェクト成立となりました。

このプロジェクトについて

■ご挨拶

精神障がい者のためのイベントを開催するための費用をクラウドファンディングで募集したいと考えています。

 

イベントの内容としましては、

●メイク・ヘアセット体験

●ワークショップ体験

を予定しています。

 

なぜ、私がその様なイベントを開催したいと思うに至ったか、少しお時間を頂き一読頂けますと幸いです。

 

精神障がい者の問題は、現代社会において放っておけない問題になっていると思っています!

他人事ではなく、自分や自分の大切な人がいつ同じ障害を抱える事になるかわからない世の中です。

もちろん、そうならない社会を作っていく事が大切ですが、「もし、そうなってしまった場合に手を差し伸べられる」温かい社会を作る事で、「そうならない社会」を作る事の一助になると考えています。

 

こういった問題は、ともすれば押しつけがましくなったり、「きれいごと」で片づけられてしまう事も多く、クラウドファンディングを立ち上げる事が正しいのか否か、色々と迷いました。

今回、クラウドファンディングで費用のご支援を頂こうと決意したのは、一人でも多くの方に、精神障がい者の現状を知って頂きたいと考えたからです。

 

このプロジェクトをお読み頂き、少しでもご賛同の気持ちをお持ちいただいた方、100円でも構いません。

どれだけ沢山の方にこの活動が届いたか?が私たちの励みになります。

 

 

私は普通の居酒屋の兄ちゃんです。

社会的意義のある活動をしていて人間的に素晴らしいヤツでも何でもありません。

ただただ、前職の関係でこの問題に疑問を持ってしまったというだけです。

皆さんと同じ、普通の人間です。

だから、ご支援とともにメッセージなんかも頂けますと、本当に本当に嬉しいです。

何卒、よろしくお願い致します。

 

 

。。。前置きが長くなってしまいました。

ココからが本題です。

 

■『精神』障がい者ってご存知ですか?

精神障がい者とは、なにかのきっかけで行き詰まり、少し躓いてリスタートが難しくなっているだけで、自分たちと変わらないただの人(仲間)です。

つまり、元々は私たちと同じ様に普通に社会生活を送っていた方々です。

それが、人間関係や自分のおかれている環境といった外的要因によって

精神がダウンし、外に出ることが難しくなったり、今までしてきたことができなくなったりします。

 

精神障がい者の現状と問題点

私が精神障がい者の問題を知るに至ったのは、8年前になります。

主に精神障がい者の方が通われる福祉施設で働いておりました。

その中で、福祉施設の利用者と一般の外部との関わりが乏しいこと、精神障がい者の方がどのような方なのか?企業含め一般の方が知らない現状を感じていました。

企業と福祉施設の壁もあり、お互いがお互いのフィールドで問題解決を目指しているものの、交わることが簡単では無いと感じていました。

福祉施設利用者が増加している一方で、職員の人員不足もあり、事業所内の活動と就労支援の活動のバランスがとりにくい状況になっているのが現状です。

実際の現場では、福祉施設の中での活動には限界があるのを実感していました。

これからの活動を通じて、精神障がい者が外部と関わる機会を作ること、精神障がい者も健常者も気軽に関われるイベントを開催すること、どの目線でも意味あると感じてもらえる活動にすることができれば良いなと思っています。

 

今回のイベントについて

福祉施設で3年間勤め、別の仕事に就いた時、外から見た「福祉とは」「障がいとは」を考え、何かできる事は無いかと思いました。

その中で、外部からきっかけを作り、少しでも精神障がい者の方の就労の手助けになるようなイベントを開催する事を決めました。

 

このイベントの目的は、

・精神障がい者の方の現状を一人でも多くの方に知ってもらう事

・精神障がい者の方の就労の手助けになる事

・継続する事で、精神障がい者の方の就労のモデルケースを構築する事

です。

 

その為にどんなイベントにしなければならないのか。

・精神障がい者の方が参加したいと思うイベントである事

・精神障がい者の方が外部との関わりを作る事ができるイベントである事

・健常者も障害者も気軽に関われるイベントである事

が必要であると考えました。

 

今回は、第一回目として、

・精神障がい者の方にまずは外見を変えて、気分を変えてもらう事

・自分の作ったモノが誰かの手に渡り喜んでもらえる体験をしてもらう事

を目指そうという結論に至りました。

 

冒頭にご説明しました通り、今回のイベントは、

●メイク・ヘアセット体験

●ワークショップ体験

を予定しています。

メイクやヘアセットをしてもらう事で気分を変えて頂き、自分の作ったモノを誰かの手に渡る喜びを体験して頂こうと考えて企画をしました。

 

■リターンについて

イベント当日は、

・パールとリボンのブローチ

・ハーバリウム

 

【小】

 

 

【大】

 

 

上記の作品を講師の方からご教授頂きながら作るワークショップを予定しています。

 

このワークショップで作ったモノが誰かの手に渡り、それを喜んで頂く体験をする事が今回のイベントの大きな趣旨になっています。

 

そのためには、ワークショップで作ったモノが誰かの手に渡らなければなりません!!

 

精神障がい者の方にその体験をしてもらうために、皆様のお力添えが必要です。

 

「なんでお金が必要なんだよ」

「別に喜ばないけど。。。」

ご批判やご意見は多々あるかとは思います。

 

ただ、当事者の方が当たり前に働き、過ごしていける社会になるには、このよう仕組みを自分で感じて、社会の動きを知ってもらう体験が必要だと考えています。

精神障がい者の方々は、元々社会の前線で働いていた方が多く、このイベントを通じて昔の気持ちを取り戻すことにもなると思います。

 

皆様のお力で、もう一度その場所で輝けるチャンスを作って頂けないでしょうか。

 

このイベントが精神障がい者の方々にとって意義のあるものにするためには、「自分の作ったモノが誰かの手に渡ること」が大きなポイントの1つになるのではないかと考えております。

 

何卒、皆様のお力をお貸しください。

よろしくお願いいたします。

 

【銀行振込によるご支援方法】

カード決済の他に、銀行振込によるご支援も承っております。
以下のお問合せフォームに、必要事項をご記入の上、ご送信ください。
 
お問合せフォーム
 
件名欄:銀行振込
ご質問内容欄:●プロジェクト名●ご希望のコース●お名前●お振込の際の口座名義・口座番号●電話番号
 
その後、手順をメールさせて頂きますので、
お手数ですが返信メールのご確認をお願いいたします。
 
<注意事項>
お振込の確認ができ次第、支援の申込みが確定致します。
※振込の確認には、2~3営業日かかる事がございます。 予めご了承いただきます様お願い申し上げます。
 

蒲田 翔

蒲田 翔

現在地:
京都府
出身地:
京都府

大学卒業後、福祉施設に3年勤務。その後飲食店で3年勤め、独立し、飲食店を出店。
福祉を、辞めてからも精神障がい者の社会復帰というテーマが頭から、離れず何か出来ることがないかを、模索し今に至る。

このプロジェクトは 2018年7月15日 の募集期間が終了した時点で、100,000円以上集める事が出来た為、プロジェクト成立となりました。

100円

数量限定:上限無し

■応援コース
リターンはいりません!という方
リターンなしで、応援だけしてくださるという方がいらっしゃれば、こちらからご支援お願い致します。
100円からご支援頂けます。

9人が支援

1,000円

数量限定:上限無し

■サンクスメール
御礼メールをお送りします。

7人が支援

1,000円

数量限定:上限無し

■パールとリボンのブローチ
イベント当日ワークショップで作成します。

1人が支援

1,500円

数量限定:上限無し

■ハーバリウム【小】
イベント当日ワークショップで作成します。

3人が支援

2,000円

数量限定:上限無し

■ハーバリウム【大】
イベント当日ワークショップで作成します。

2人が支援